無駄金使ったら書く ~釣具やカー用品の人柱記録~

主に釣り関連やアウトドア関連、たまに車関連で無駄使いしたもののレビュー書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRIMUS P-153ウルトラライトバーナー

皆さん、釣りの時の食事ってどうしますか?
コンビニでおにぎりとか弁当とか買ってくのが一番手軽で多数派ですかね?ランガン派は移動中にお店で食べるって人も多いかな?
自分はコンビニ派なんだけど、たまに、特に寒い季節は冷たくなったおにぎりやお弁当ではなく暖かいものが食べたくなりますよね。
なので常に、車にシングルバーナーを積んでます。
冬の釣り場で食べるカップ麺や鍋焼きうどんは最高です。
もともとアウトドアやるんでバーナーはいくつか持ってるんですが、最近出番が圧倒的に大いのがこれ。

153ウルトラバーナー
特徴としては
・コンパクト
・ハイパワー
・手軽
って事ですね。真冬の夜でもそこそこ風が吹いててもきっちりお湯が沸きます。
ガス式は他にUNIFRAMEのカセットガスタイプのも持ってるけど、強風下、低温下では圧倒的にこいつ。
UNIFRAMEで500ml沸かしてる間にコイツなら2回沸かせる位違う。
コンパクトシングルバーナーの中では高めだけど、1基だけ間違いないやつを失敗せずに買いたい!
というならコレ!
■実売価格
8,000円前後

■見た目
畳むと手のひらに隠れるほどコンパクト。
■使い勝手
電圧着火式で火力調節式ノブもしっかりしている。組み立て(?)も簡単。
■所感
値段相応のしっかりした作り。素材の質感、各パーツの作りもしっかりしている。
そして何よりハイパワー。500mlのお湯が4~5分で沸かせる。
スポンサーサイト

【ヌカカ・ブヨ対策】富士錦 パワー森林香(赤色)

またこの季節がやってきました。

そう、ヌカカ、ブヨの季節。以前は私も釣りやキャンプで毎年のように刺され(噛まれ)痒みが秋や冬まで続くなんて事が良くありました。
市販の虫除けスプレー、キャンプ用の虫除けキャンドル、蚊取り線香、携帯型ベープ等いろいろ使いましたが、奴らの攻撃をかわし切る事は出来ず、、、、、、
ある人から、この線香の存在を聞き使ってみたら、効く効く。煙の量も勢いも通常の蚊取り線香の比ではない。しっかり「焚けてる」感満載。

今では携帯ケースとともに車に常備しています。
■実売価格
30巻入り1,200円前後

携帯ケース付10巻入 1,300円前後

屋外用ケース 1,000円前後(ホームセンターで数百円で売ってます)

■見た目
普通の蚊取り線香よりかなり太い。紹介しているのは「赤」ですが「黄色」もあるみたいです。
同じ成分だとは思いますが、赤のほうが3倍効きそうなので赤を買ってます
■使い勝手
太い分だけ着火は若干時間がかかります。あと、タバコを吸わない人はライターとか忘れがちなので、タックルボックスに入れておくと良いと思います。
コンビニで150円位で売ってるバーナー式がお勧めです。
■所感
ヌカカ、ブヨには普通の蚊取り線香がほぼ効かないのですが、これは効果あると思います。これを使うようになってからブヨにさされた記憶がありません。自分は堤防であまり動かず釣りをする事が多いので、風が無く虫が多い時は必ずつけてます。
注意点としては、使い切らずに残ったときにしっかり消してから保管することと、蚊取りケースをそのまま車の中に転がしておくと残った灰で車の中に匂いが漂うので、ジップロックなどに入れてから保管すると良いと思います。

風速計

釣りをしてる人は天気以外に風を気にする人も多いと思います。海快晴やGPVの風予報を利用している人も多いのでは?
でも、海快晴で時間ごとの風予報見ても、現地行くと思った以上に吹いないとか
雨とかと違って、一定時間に一定風速で吹くわけで無いので、釣り場で
「うわっ!風強っ!!」
って思ってもそれがどれくらいの風なのかってのがわからない人が多いと思います。
(海快晴でこの時間帯5m/sって出てたからこれが5m/sくらいなんだろうな、、、)
という感じじゃないでしょうか?
そんな時に便利かなぁと思って買ってみました。

まぁ、風速を測ったからと言って、風が弱まって釣りやすくなるわけじゃないのですが、
現場で体感した風速を数値で知ることによって、予報を見たときに
「この程度なら行ける!」
とか
「こりゃ無理だ、、、」
等の判断を少ししやすくなるかな。ってのが目的です。
■実売価格
2000円前後~
おそらく同じ製造元のモノが微妙な値段違いで複数出品されています。
「風速計」で検索していろいろ見てみてください



■見た目
コンパクトでタックルボックスやウェストバッグに入れといても邪魔になりません。
首掛け用のストラップついてるけど、首にかけることはないと思うのでちょっと長くて邪魔化も。
■使い勝手
操作ボタンは二つだけのシンプルな構造。一応温度計もついてますが、ちょっと取り出してという使い方だと温度計の正確さは期待しない方がいいです。釣り場でタックルボックスの上にしばらく置いておいてとかウェストバックにぶら下げておいてとかならある程度正確に温度が計れるとは思いますが。
肝心の風速計はいかに正確に風を正面から捕えられるかで精度が変わると思います。
計ってみて初めて分かったのですが、結構ピューピュー吹いている状況でも風向きと
風力はコロコロ変わっているため表示はコロコロ変わります。
■所感
買って役に立つかどうかというと微妙です。(笑)
ただ、今まで体感していた風が「風速」として定量的にわかるので
天気予報(風予報)見て行く、行かないの判断はしやすくなると思います

きりばい 巻きポカ

寒さ対策シリーズ第3弾(?)
使い捨てカイロと手首に巻くためのバンド。
mkp1609_wrist.jpg
太い血管を温める事によって全身をぽかぽかに温めます。
指先まで温まって手がかじかみ難くなるので、感度、操作性を優先するため防寒性の低い薄手の手袋しかできないようなライトソルトアングラーにおススメ。
■実売価格
本体2個(1組)+カイロ4枚(2セット)
700円前後

別売りのカイロのみ10枚(5セット)入りがあります
300円前後

■見た目
着けた見た目はただの黒いリストバンド。キャストしすぎによって手首を痛めないようするサポーター代わりにもなって一石二鳥です。
■使い勝手
自分が持ってるのは単純にマジックテープで留めるタイプの為、片手で自分の手首に巻くのはちょっとコツがいるけど、最近モデルチェンジしたらしく、簡単に巻けるみたいです。
買い換えようかな、、、、
■所感
前に書いたオイル式のカイロで体は温められるけど、夜釣りなどではどうしても指先がかじかんでしまうので、その予防にはたぶんベスト。靴の中敷き式や靴下に貼るタイプの使い捨てカイロと同じくらい、これがあるかないかで快適性が左右されると思います。
自分は最大で、触媒式カイロ→体全体、巻きポカ→手先、中敷き式カイロ→足先、と3種類使いますが、ここまで使うと真冬の堤防上でも寒さでモチベーションが落ちるような状況にはなりません。

コールマン ポータブルイージーウォーマー

寒さ対策シリーズ第二弾。
カイロといえば使い捨てカイロがお手軽で便利ですが、こちらの方が暖かさは断然上。防寒ウェア下に着るミドラー(ウルトラライトダウンやフリース)のポケットに入れておけば、ウェア内の空気が暖められて本当にポカポカになります。一説によると使い捨てカイロの13倍の暖かさらしいです。
私が使っているのはコールマンのものですが、コールマンのWebカタログには載ってない様子?ウェッブ通販ではよく見るのですが、お店にはあまり置いてないですね。
41pbdBln52L.jpg
手に入りやすいのはZippoの物かな?こちらはアウトドアショップでもたびたび見かけます。
617vZe7K5OL.jpg
あと、ドラッグストアで手に入りやすいのは昔ながらのハクキンカイロ
peacock.jpg
どれも発熱する仕組みは同じで、火口にある触媒(白金=プラチナ)を触媒として燃料(ベンゼンやオイル)が反応した時の酸化熱を利用しているそうです。
よくわからんけど。
つまり、火口に着ける「火」で燃料を燃やしているわけでは無いってことですね。
よくわからんけど。
アマゾンを見てると他にもいろいろありますが、部品(後述)の手に入りやすさを考えるとこの3つの中から選ぶのがいいと思います。
ちなみに、使い捨てないカイロはほかに「USB充電式」「燃料燃焼式(木炭、整形燃料等)」があるようですが、安全性と手軽さと熱量のバランスが取れてるのはこの「白金触媒式」だと思います
■実売価格
3,000円前後~
   
■見た目
個人的にはコールマンのコンパクトさが気に入ってます。私のは普通のシルバーですが、他に赤やブロンズもあります。
Zippoとハクキンカイロは少し大きめでほぼ同じデザインと大きさ。
■使い勝手
コールマンの最大の特徴は着火に火を使わないこと。電池を使って着火します。安全なのですが、反面着火装置を持ってないと着火できないことになります。(まぁ、ライター使って着火もできるのですが、、、)
あと、コールマンの純正の着火装置(電池ケース)はパワーが無くて着火しにくいのと使いにくいのと、壊れやすいのと、、といいところがあまりないので、自分はホームセンターの「電子工作コーナー」で売ってる電池ケースを利用して着火しています。
出先で、簡単に手に入るものとしてはコンビニで売ってる四角い乾電池(006p)でも着火可能です。
利用時間ですが、一回の燃料補給で一晩は軽く持ちます。逆に一晩くらいしか持たないし、燃料残っていても自然気化してしまうので、私は冬は車に燃料(ジッポオイル)を常備しています。
あと、気をつけなきゃいけないのは基本的に火口(=触媒)は消耗品です。くたびれてくると発熱量が落ちてきます。
使用頻度によって違いますが、1~2シーズンで寿命だと思った方がいいです。2シーズン目で暖かさが弱くなったな、、と思ったら替えてみるとびっくりするぐらい暖まるようになったりします。
上記3商品はお店でもネットでも比較的火口が手に入りやすいです。(コールマンはお店で注文が必要かも)ネット通販で売ってるものの中にはこれが手に入らないものもあるのでご注意ください。
あ、ちなみにZippoとハクキンカイロは互換性があるとかないとか、、、、、、
■所感
正直、前記事のストーブを手に入れてから仕様回数は減りましたが、ストーブを出すまでも無いとき、一か所で粘らない時には必需品です。私はたまたま近所のアウトドアショップで、パッケージ破損品を980円で2個手に入れたので、防寒の下に来ているフリースのポケットに2個入れて使うのですが、上半身の寒さはほぼ感じることはなくなります。
先日のストーブが定住派向けの必須アイテムだとすれば、こちらはランガン派のマストアイテムと言えると思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。